鍵屋さんでボッタくられないためには、どのようにすれば良いのでしょうか。実は、リアルな事例がありまして、「先日、鍵を無くしてしまい、開錠を依頼した所、作業終了時に、5倍程度の金額を請求された」と言う内容でした。確かに緊急性が高い仕事でありましたので、感謝して思わず支払ってしまいましたが、後でよくよく考えたら・・と言う内容で、このようなことにならないためには、どうすれば良いのでしょうか?今回は、鍵屋さんにボッタくられない心構えや方法等をメインに解説させて頂きたいと思います。

鍵屋をボッたくられた事例として

鍵を紛失してしまい、鍵屋さんからボッたくられてしまった時、もしくは、そうならないためにも、どのようにすればよいのでしょうか?出張料金等の法外な料金を請求されることは分かっていないので、凄くど肝を抜かれることとなるハズです。違う事例のケースとしましても、緊急的に業者さんをお呼びして、鍵の開錠に4万円か5万円かかってしまったと言う事例もあります。まずは、そうならないように、しっかりと、安全な鍵屋さんの情報を調べておく必要がありそうです。このような法外な料金を請求してくる業者さんにつきましては、人の弱みにつけこんでくることをしてきますので、とにかく焦って「鍵紛失した!」等のキーワードで調べて飛び込んでくるサイトに目を奪われるのではなくて、このような時こそ冷静さが必要なのです。一番同様しない対処方法で、最もな対処方法としましては、マンション等であれば、焦らずに、大家さんに、頼み込んでみることです。大体はスペアキーを保有されておられますので、焦らずに冷静に対処できれば、無料で簡単に鍵屋さんからボッタくられないことに繋げることができます。自宅の場合につきましては、予備の鍵を家族に預けておくことです。そこでリスク分散することによりまして、危機的な状態を回避できることになります。

鍵屋さんで安心できるように

鍵屋台さんで安心したい時につきましては、やはり、事前に安心できる地元の鍵屋さんを探しておくことであると思います。顔なじみの業者さんであれば、ボッたくられると言う心配もありませんし、そう言った時のために、親しく依頼したりして、日常的に会話をしておくのも親密な鍵屋さんとして、信頼できることに繋がりますし、緊急時にも尽力して頂ける形となります。

鍵屋さんで貴重品を取り戻せることになったケースについて

緊急時に助かるケースとしましては、やはり、自宅の中に貴重品があり、深夜であります時に、誰にも頼れる方がいなく、すぐに鍵屋さんが急行してくださり、自宅の鍵を開錠してくださった場合には大変感謝する形になると思われます。このように、鍵屋さんに依頼することで、緊急時に対応して頂けるだけでなく、貴重品を取り戻せて感謝する場面も出てくると思います。そのような時のためにも、事前に鍵屋さんのデータを収集しておくことは大切です。

まとめ

鍵屋さんを緊急時に利用することでボッタくられるような悪質な鍵屋さんも存在します。そのような鍵屋さんに、遭遇しないためにも、日頃からの鍵屋さんとのコミュニケーションと、悪質な業者さんを見分けるための信頼できる鍵屋さんを見つけておくことが重要です。